遺伝子チェックしてから早めにAGA治療

遺伝子チェック

男性型脱毛症AGAを発症すると、男性ホルモンのテストロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に代謝され、毛髪の成長期が短縮することで薄毛が広がりだす症状を引き起こします。
人によってAGAになりやすい人、なりにくい人がありますが、それは遺伝が大きく関係していると言われています。
遺伝子検査キットでAGAを発症しやすい遺伝子を持っているかチェックすることができます。
チェックの結果、もし発症しやすい遺伝子を持っていたら、細い抜け毛が増えてきた初期症状のうちに早めにプロペシアを服用することで、AGAの進行を止めることができます。
プロペシアには脱毛作用のあるDHT(ジヒドロテストステロン)の分泌を抑える効果があります。
医師から処方箋を貰わないと手に入りませんので、病院やクリニックにご来院ください。
女性にも薄毛でお悩みの方が増えていますが、プロペシアは女性には重大な副作用があるために使用ができません。
妊娠中の女性は触るだけでも危険なので注意しましょう。