牽引性脱毛症の病因と治療

牽引

牽引性脱毛症は、女性に多い脱毛症です。
牽引性脱毛症の病因は、髪をゴムなどでしばってまとめるときに、髪が引っ張られて、生え際へ負担をかけてしまうことです。

長期間、継続的に髪をセンター分けや、三つ編み、ポニーテールなどにして、同じ髪のまとめ方やしばり方をすると、特定の部分に過度に負荷がかかってしまうので、牽引性脱毛症が発症しやすくなります。
牽引性脱毛症は、病因を取り除くことが重要な治療法です。同じ髪型にしないで、特定の場所の髪を引っ張りすぎないことが重要です。

また、頭皮マッサージも効果的です。あまり力を入れすぎないで、定期的に頭皮マッサージを行うことで、血行を良くすることができ、髪の毛を生えやすくすることができます。
他にも軽い運動をすることや、マッサージ効果があるヘアブラシを使うこと、血行を促すことが症状の改善につながります。
育毛剤を使わないで治療をすることができるので、普段からのケアが重要です。