薬を併用して薄毛を改善

薬

薄毛を改善するためにもっとも有効な手段は内服薬による治療と塗り薬による治療となっています。この両者は、足りない部分を補う関係ですから、併用していくということが望ましいと考えられます。

なぜなら、内服薬には薄毛の進行を止めるという効果は期待できますが、毛髪の発毛という点に関しては、必ずしも満足のいく結果になるとは限らず、一方塗り薬だけでは、薄毛が進行してしまって、発毛効果を期待することができないという問題があるからです。

ですから、この両者を上手に併用することによって、薄毛の進行を止めながら、毛髪の発毛を促進させることができるということがいえます。
どのくらいで効果が現れるかということに関しては、個人差がありますが、人によっては1か月ほどで効果を実感することができる人もいます。ただし、初期の段階においては、初期脱毛が起こり、多少抜け毛が増えることもありますが、これは一時的なものであり、今後新たな髪の毛が生え変わるために起こっているものであり、特に問題はありません。